【千葉ランチ】おさかな倶楽部(千葉県富浦/まんぷく定食,ぶりづくし定食/1,500円,1,800円)★☆☆







<食べた料理>
①まんぷく定食
②ぶりづくし定食
お会計:3,300円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

千葉県の房総半島ドライブの際に立ち寄ったレストランです。

房総半島ドライブということで、菜の花&いちご狩り&海鮮&マザー牧場の魅力・楽しみ方を別記事でご紹介しています。

【房総半島】春のオススメドライブコース!菜の花&いちご狩り&海鮮&マザー牧場の旅

2018.04.02
立ち寄った、というよりはドライブコースに「おさかな倶楽部」を推しました。

南房総の中で指折りの名店です。

ということで、本日は「 おさかな倶楽部 」のランチに行ってきました。


場所は、 富浦駅から車で8分ほど走らせたところにあります。


到着時刻は11時半頃でしたが、なんとすでに30組待ちの状況でした。
1時間待ちは覚悟の上で、店内のウェイティングリストに名前を書いて待ちます。

メニューは壁にかけられています。


1番人気は「まんぷく定食(1,500円円)」です。
今回はこちらと、「ぷりづくし定食(円)」を頂きます。

順番を待つ間にも売り切れが続出します。
売切れたら「完売」というお札が看板に貼られるので、席に着いたら確認しましょう。

待ち時間はたっぷりあるので、店内散策。


厨房は常に慌ただしく、元気な掛け声が飛び交います。

入口には小さな水槽が。


イシダイ、エビが泳いでいました。

ちなみに店のすぐ外は漁港です。
天気がいい日は海を眺めながら待つのもいいですね。


ちょうど水揚げのタイミングで、船が漁港についていました。


魚の仕分けの様子も運が良ければ見れますよ。

さて、待ち時間1時間半でようやく名前を呼ばれ席に着けました。
まんぷく定食,ぶりづくし定食を注文し、配膳を待ちます。




注文からは早いです。
3分ほど経ち、やってきました。
「まんぷく定食,ぶりづくし定食」着ドンです。

<食べた料理>
①まんぷく定食
②ぶりづくし定食
お会計:3,300円

では、いただきます!!

①まんぷく定食


刺身、フライ、ぶつ切りされた煮魚がセットの定食です。
文字通り、まんぷく間違いなしのボリュームですね。

刺身は奥からブリ、メダイ、カンパチです。


刺身はいずれも肉厚、プリップリの弾力で脂ものっています。


やはり都内で食べる刺身とは一線を画しますね。
ごはんと合わないわけがなく、どんどん箸が進みます。

また、アジのフライも絶品です。


衣はうすめでサクサク、実はふっくらホクホク。
何もかけなくても味付けされているので十分おいしいです。

②ぶりづくし定食


こちらはカマのから揚げ、アラ煮、刺身がセットの定食です。

刺身はブリ、ブリトロのあぶり、そしてなめろう風です。

アラ煮は身がたっぷりのアラがゴロゴロと入っています。


しっかり煮つけられているので、味付がしっかりついています。
ジューシーというよりは淡泊な身がギュッと詰まっている感じです。

そしてカマのから揚げ。


個人的にはこれが大当たりでした。
見た目のインパクトももちろんですが、中の実がジューシー、ホクホク。


甘酢風味のタレが上からかけられているのですが、これがまたブリと合います。
骨と骨の間に身が残らないくらい、キレイに食べました。

ガツガツと食べ進め、完食です。

ごちそうさまでした!

「房総に来たなら海鮮料理を」と思い伺いましたが、大当たりでした。
待ち時間さえ我慢できれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

ちなみに再訪もしました。
おさかな倶楽部についてのより詳しい情報、「イワシセット定食」感想についてもご紹介しています。

【房総半島】おさかな倶楽部で絶品海鮮ランチ!定番メニューと旬の魚がオススメ

2019.03.13

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

===================

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 富浦駅