【2019】はま寿司最強コスパのフルコースはこれだ!最新版







いまや日本の食文化となった、回転寿司。

安くておいしいは当たり前になってきた中、「勝負のネタ」「食べるべき一品」に力を入れるお店も増えてきました。

ついつい毎回同じネタを食べがちですが、どうせなら、お店が自信を持って提供するお寿司をコスパよく食べたいですよね。

今回は、大手回転寿司チェーンの中でも平日1皿90円、Pepper設置、4種類の醤油など、他の回転寿司チェーンにない面白さのある「はま寿司」で、コスパ最強のフルコースをご紹介していきます。

※この記事の一部画像は公式HPより引用しております

1,はま寿司について


はま寿司は「ゼンショーグループ」が運営する回転寿司チェーンです。

ゼンショーグループといえば「すき家」や「COCO‘S(ココス)」を運営していることでも知られていますね。

はま寿司に関しては2019年6月時点で505店舗が展開されており、新参の回転寿司チェーンの中では急速に成長しているお店です。

はま寿司の強みは何といっても 面白さ(顧客満足度の高さ)にあります 。

平日は毎日「1皿90円」という価格設定をすることで、ランチや平日晩ご飯に来店しやすいようにしています。

月に2回「フェア」を開催しているのも特徴で、「大とろ祭り」など魅力的なネタをお得に食べられるイベントを開催しています。



また、店内にPepperを設置して受付をさせたり、醤油は4種類を用意するなど、他の回転寿司チェーンにない特徴をうまく押し出しています。



2,コスパ最強フルコース

それでは、これよりはま寿司における「コスパ最強フルコース」をご紹介します。

特徴的なサイドメニューも人気の秘密なので、今回は寿司8皿+サイドメニュー2品のコースとしてご紹介していきます。

①マグロ


回転寿司の大定番、マグロ。

テレビ番組「帰れま10」ではま寿司が取り上げられた際にも1位を獲得した大人気ネタです。

マグロを食べればその店のレベルがわかります、まずはマグロを頂きましょう。

②活〆ハマチ(四国・九州産)


次は白身魚であるハマチ。

水温が安定し、水質の良い四国・九州の海で水揚げしたハマチを使用しています。

コリコリとした食感も楽しめる肉厚な身がおいしいです。

③大とろサーモン


回転寿司の中でも老若男女に人気な寿司ネタといえば、サーモン。

はま寿司では、サーモン・大とろサーモン・特製漬けサーモンなど、サーモンだけでも10種類あります。

サーモンんへのこだわりが垣間見えますが、中でもオススメは「大とろサーモン」。
脂の乗りがよく、プリプリした食感がクセになります。

④貝3種盛り(つぶ貝・赤にし貝・ほっき貝)


中盤となりましたので、さっぱりとした貝類をいただきます。

おすすめは つぶ貝&赤貝&ほっき貝の3種盛です。

1度に3種類の貝が味わえる面白さと、コリコリした食感・サッパリした磯の香りを味わえる一皿です。

⑤大葉みずだこ(北海道産)


続いて、こちらもサッパリとした大葉みずだこ。

薄切りされたみずだこがシャリを包んでおり、ほどけるシャリとコリコリとしたみずだこの食感が楽しいです。

大葉をネタとシャリの間に挟むことで、味わいもしつこくなくサッパリいただけます。

薄くスライスされているので、いつまでも口の中に残ることがなく食べやすいのもポイントです。



⑥あじ 漁師漬け(日本近海産)


続いては、日本近海で獲れた旨味のあるアジを、特製のタレで漬けた「漁師漬け」。

甘辛いタレで味付けされており、アジによく合います。

ヒカリモノ特有の臭みは感じず、生姜・ネギの薬味により後味がサッパリと仕上がっています。

⑦炙りうなぎ


脂ののった、香ばしい炙りうなぎ。

はま寿司にきたなら是非とも食べて欲しい1皿です。

厚みのあるこってりとしたうなぎの身。
1皿150円ではありますが、このクオリティでこの値段は破格に近いでしょう。


醤油ももちろん合いますが、やはりテーブル備え付けの甘だれが相性バツグンです。

⑧季節の天ぷらネタ


はま寿司では月に2回ほど「フェア」なるものが開催されていると冒頭で紹介しましたね。

その中でも、旬なネタの天ぷらネタは必ず出てくるので、それを頂きましょう。

旬な魚が使われていることが多く、何度か食べていますがすべからく美味しいで
す。

ちなみに写真はキスの天ぷらでした。揚げたてホクホク・ふっくらとした身がたまりません。

しょうゆではなく、塩とお茶粉をまぜた「抹茶塩」でいただくことをオススメします。

⑨あおさの味噌汁


はま寿司の代表的サイドメニューともいえる「あおさの味噌汁」。

もちろん初めに注文してもいいですが、このタイミングで頂く味噌汁は本当に美味しいのです。


シメ前の1杯として、ぜひこのタイミングで頂いてみてください。

⑩サイドメニュー(旨だしたこ焼き)


コースのシメは、はま寿司でしか食べられないサイドメニューにするのが乙です。

フェアによっては豚骨ラーメンといった変化球もあり、その時々で面白いメニューが出てくるのがはま寿司の特徴ですからね。

今回はサイドメニューのレギュラー枠から、人気のある「旨だしたこ焼き」を頂きました。


タコは小ぶり、そもそもたこ焼き自体が冷凍モノな感じがしますが、揚げたてということもありホクホク感・ジャンキー感があってクセになる一品。

すでに味噌汁の段階でお腹いっぱいであれば、二八そばを使った「鴨そば」もオススメですよ。

ごちそうさまでした!



3,その他回転寿司チェーンのフルコース

その他の回転寿司チェーンにおけるオススメフルコースもご紹介します。

【2019】スシロー最強コスパのフルコースはこれだ!最新版

2018.08.29
あわせて参考にしてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介した、はま寿司最強フルコースは下記の通りです。

<はま寿司最強フルコース>
①マグロ
②活〆ハマチ(四国・九州産)
③大とろサーモン
④貝3種盛り(つぶ貝・赤にし貝・ほっき貝)
⑤大葉みずだこ(北海道産)
⑥あじ 漁師漬け(日本近海産)
⑦炙りうなぎ
⑧季節の天ぷらネタ
⑨あおさの味噌汁
⑩サイドメニューから一品

お会計:1,130円

平日1皿90円を狙ったということもありますが、これだけ食べて1,130円というのは満足度が高いですね。

はま寿司で何を食べるか迷った際には、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、はま寿司では楽天ポイント・ポンタポイント・dポイントが貯められるほか、クレジットカードによる支払いが可能です。


還元率の高いクレジットカードで支払えばお得にお会計ができるので、おススメですよ!

Kyash(キャッシュ)と高還元率クレジットカードの利用方法についてまとめた記事も書いていますので、よければ参考にしてくださいね。

【還元率3.25%】Kyash&リーダーズカードでポイント2重取り!最強の現金還元カードへ

2018.12.26

最後までお読みいただき、ありがとうございました!