【最新】セブンイレブンで住民票を取る方法&注意点まとめ







家を買ったり銀行口座を開設する時など、何かと必要になることが多い住民票

平日働いていると、日中に市役所・区役所まで取りに行く時間なんてないですよね。

取るのは手間というイメージの根強い住民票ですが、今ではコンビニで簡単に取ることができることをご存知でしょうか?

マイナンバーカードが発行されてから「コンビニ交付」が始まり、コンビニで簡単に住民票を取ることができるようになったのです。

今回は、セブンイレブンで住民票を取る方法、その際の注意点・料金についてまとめました。

※この記事の一部画像は公式HPより引用しております

1,事前確認・注意事項


まずは、住民票をコンビニ(セブンイレブン)で取るために必要な確認事項について解説していきます。

1-1,利用できる人

コンビニで住民票を取るためには、下記条件を満たす必要があります。

<利用できる人の条件>
①行政サービス参加自治体に住んでいる
②マイナンバーカード or住基カードを持っている
事前にマイナンバーカードのパスワード登録が完了している必要があるため、ご注意ください。

1-2,取得できる証明書

コンビニ(セブンイレブン)で取得できる証明書は下記の通りです。

<取得できる証明書>
住民票の写し
②住民票記載事項証明書
③印鑑登録証明書
④各種税証明書
⑤戸籍証明書
⑥戸籍附表の写し
住民票の場合、本人もしくは同じ世帯の方々の写しであれば取得可能です。
取得したい証明書があるか、事前に確認しておきましょう。

1-3,利用可能店舗・時間

セブンイレブンの場合、下記条件を満たす場合に住民票の取得が可能です。

<利用可能店舗・時間>
①マルチコピーが設置されている店舗
②利用時間:午前6時半~午後11時
利用時間に限りがある点に注意が必要です。

1-4,手数料

交付手数料は市区町村ごとに異なりますが、通常であれば「住民票1枚:300円」で利用可能です。

2,住民票の取り方

それでは、ここからセブンイレブンで住民票を取る方法について解説していきます。

2-1,持ち物

持ち物として、下記2点が必要となるので忘れずに持っていきましょう。

<持ち物>
①マイナンバーカード or住基カード
②手数料(住民票1枚なら通常300円)

2-2,動画で解説!

セブンイレブンで住民票を取る方法について、動画(Youtube)で解説しています。
まずはこちらを見て頂けるとイメージが湧きやすいですよ。

2-3,画像で解説!

ここからは、画像で詳細を解説していきます。


セブンイレブンに着いたら、「マルチコピー機」へ向かいましょう。

全部で14ステップありますが、カンタンなのですぐにできちゃいますよ。

①マルチコピー機のトップ画面から「行政サービス」をタッチ。


②「証明書交付サービス(コンビニ交付)」をタッチ。


③同意事項の内容を確認して、右下の「次へ」をタッチ。


④2つ目の同意事項です。内容を確認し、「同意する」をタッチ。


⑤持参した「マイナンバーカード」を、マルチコピー機のセット箇所に置きます。


「電子マネー」など書かれているのでややこしいですが、画面に従ってマイナンバーカードをセットしましょう。


セットしたら「次へ」をタッチ。

⑥今回は住民票を取りたいので「お住まいの市区町村の証明書」をタッチ。


その後、右下の「確定する」をタッチしましょう。

⑦マイナンバーカードに登録した4桁の暗証番号を入力します。


⑧マイナンバーカードを取り外しましょう。


⑨「住民票の写し」を選んだら「確定する」をタッチ。


⑩「本人のみ」「世帯全員」「世帯の一部」の中から必要なものを選び、「確定する」をタッチ。


⑪「世帯主・続柄の記載」「本籍地・筆頭者の記載」「個人番号の記載」の必要な項目の有無が選び、「確定する」をタッチ。


⑫必要な部数を選び、入力したら「確定する」をタッチ。


最大で10枚までなのでご注意ください。

⑬発行する住民票の内容を確認し、問題なければ「確定する」をタッチ。


⑭「コインで支払い」「nanacoで支払い」を選び、支払を完了したら「プリントスタート」をタップ。


取り出し口から住民票の写しが出てきますので、受け取って完了です!

まとめ

いかがだったでしょうか。

日中サラリーマンとして働いている身からすると、コンビニで簡単に証明書を取得できるのはとても助かりますね。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。