【2020】カレー名店『魯珈(ろか)』初心者必読!必食メニュー&記帳ルールまとめ




いまや日本のスパイシーカレーを代表する人気店となった『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』。

カレーマニアも絶賛するスパイシーカレーを提供する名店として、朝早くからの行列はあたりまえ。

店主・齋藤絵理(えりつぃん)さんがテレビ番組「情熱大陸」や数々の雑誌に取り上げられたことで、いまではその日にカレーを食べられるかどうかすら難しい人気店になりました。

そんな人気カレー屋『魯珈(ろか)』には、入店のために必要な「記帳制」など、独自のルールがあります。

今回は、人気カレー屋『魯珈(ろか)』の魅力&入店ルール(記帳方法)&必食メニューについて、まとめて解説していきます。

※この記事の一部画像は公式HPより引用しております

1,SPICY CURRY 魯珈とは


まずは、『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』について解説していきます。

①SPICY CURRY 魯珈とは?

『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』とは、新宿区百人町にある本格的なスパイシーカレーと魯肉飯(ルーローハン)の専門店です。

店名の魯珈(ろか)は、魯肉飯(ルーローハン)の「魯」と、珈竰(カレー)の「珈」で「魯珈(ろか)」という店名にしたそう。

人気グルメ口コミサイト「食べログ」では、日本国内で高評価を受けた上位100店の称号である「百名店カレー」に、なんと2年連続選出!

東京都内でも絶大な人気を誇るカレー屋さんです。

「毎日食べても飽きない味」をモットーに、オイシーヘルシースパイシーなカレーを提供してくれます。

②店長:えりつぃんさんとは?


店主の齋藤絵理さんは「えりつぃん」という愛称で各メディアに登場しています。

『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』の店員は、店長たった1人!
ワンオペで切り盛りしています。

2019年1月放送のテレビ番組「情熱大陸」で取り上げられたこともあり一躍有名人の階段を上がることになり、いつしか「スパイシーカレーの女神」とも呼ばれるようになりました。

お店をオープンする前には7年間も有名カレー店での修行、全国のカレーを食べ歩く日々を送っていたといいます。

また、大学生の頃バイトしていたお店の看板メニューが魯肉飯(ルーローハン)で、その中毒性にどハマリしたことから「独立したら、魯肉飯(ルーローハン)とカレーを一緒に作ろう」と心に決めていたそうです。

③店舗情報


『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』の店舗情報についても記載しておきます。

<店舗情報>
◆店名:spicy curry 魯珈(ろか)
◆基本情報
・住所:東京都新宿区百人町1-24-7
 シュミネビル1階
・電話番号:03-3367-7111
◆営業時間
 (月・水・金)11:00~15:00
 (火・木)11:00~15:00/17:00~20:00
 (定休日)土・日・祝日
◆最寄駅
・JR「大久保駅」南口徒歩1分
・JR「新大久保駅」東口徒歩5分
・西武新宿線「西武新宿駅」北口徒歩4分

関連ランキング:カレー(その他) | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

休業日、営業時間等は公式ツイッターから随時発信されるため、魯珈(ろか)へ行く際には事前にチェックすることをオススメします。

2,入店ルール(記帳方法)


『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』には、記帳制という入店ルールがあります。

記帳開始時間になり次第、店頭に置かれている記帳ノートに自分の名前を記載し、その記載された時間にお店に戻ってくるというシステムです。

ここからは、記帳方法や実際の記帳の様子について解説していきます。

①記帳方法


魯珈(ろか)には、入店するためには店頭にある記帳ノートに自分の名前を書く「記帳制」というルールがあります。

当日並べばカレーを食べれるというわけではないので、初めて魯珈(ろか)へ行く方は必ず確認してくださいね!

記帳ルールについては下記の通りです。

<記帳ルール>
◆記帳開始時間
・昼の部:10時開始
・夜の部:16時開始
※記帳が埋まり次第終了

◆書き方
・カタカナ、フルネーム
・代表者による複数名分の記載はNG
・上から順番に記入(飛ばさない)

代表者による複数名分の記載はできません!

ちゃんと自分で並んで、自分の名前だけを書くようにしましょう。

②朝8時から記帳してきました

ここからは、実際に記帳した様子について記載していきます。

気合を入れて、魯珈(ろか)のカレーを食べるためだけに朝7時には家を出ました。

お店に着いた時間は、朝の8時20分

1番乗りだろうと思っていましたが・・


なんと6番目でした。(平日です)

この日は10時から記帳開始のため、それまではひたすらお店の前の列に並んで待ちます。

待っている間にも続々と行列が長くなっていき、9時頃にはもう20名ほどになっていました。


10時になると、店長こと「えりつぃん」さんがお店の中から出てきて、みなさんへのご挨拶と記帳開始のアナウンスが始まります。

店頭にある記帳ノートに、自分の名前を書きましょう。



私は1番早い時間帯の「10時50分」の席がとれました。

現在の時間は10時すぎ。あと50分あるので、それまでは近くのカフェなどで待機します。

次項からは、いよいよ『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』のカレーを実食します!

3,魯珈で食べるべきカレー


『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』はメニューも豊富なため、何を食べればいいか迷う初心者の方も多いかと思います。

ここからは、『SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)』で初心者がまず食べるべきカレーと、オススメの食べ方について解説していきます。

①まず食べるべきカレーはこれ!


魯珈(ろか)に初めて来たならば、注文するメニューは
『ろかプレート(魯珈チキン)』
『ぷちカレー(ラム)』

で決まりです。

<必食メニュー>
①ろかプレート(魯珈チキン):1,050円
②ぷちカレー(ラム):300円
③(ライス大盛り:100円)

看板メニューである『ろかプレート』は、カレーと魯肉飯(ルーローハン)のあいがけワンプレートです。

好きなカレーを選べますが、初めて食べる方は「魯珈チキンカレー」を選びましょう。

しかし、ここまできてカレー1種類だけで帰ってしまうのはもったいないです。

追加で、『ぷちカレー』を注文しましょう。

初めて食べる方は、「ラムカレー」がオススメです。

一晩マリネした柔らかい生ラム肉のカレー。店主のえりつぃんさんイチオシのカレーです。

全体的にボリュームは少なめなので、男性の方はライス大盛りがオススメですよ。

②オススメの食べ方&楽しみ方


注文から5分ほどで、『ろかプレート(魯珈チキン)』『ぷちカレー(ラム)』が配膳されました。

まずは『ろかプレート(魯珈チキン)』の魯珈チキンカレーのみをいただきます。



新鮮なスパイスと野菜の水分で作り上げられたカレーは、さらりとした口どけながらもじんわりとスパイシー。
具材のチキンはプリプリの大ぶりで、食べ応えがあります。

次に『ぷちカレー(ラム)』をいただきます。



ぷちカレーで注文したラムカレーは、ラムの旨味が凝縮されつつもしっかりスパイスが効いています。
何と言ってもラム肉がジューシーで柔らかい!

プレートに乗った『魯肉飯(るうろうはん)』

それだけで食べてもおいしいレベル。
甘辛く味付けされた牛肉と、こだわりのあきたこまちから作られたサフランライスが絶妙です。

さて、『ろかプレート』の醍醐味はここからです。

プレートに乗った魯肉飯(るうろうはん)、魯珈チキンカレー、おかず(サラダ・玉ねぎのアチャール・高菜・モヤシ)をほぐしながら混ぜていきましょう!


このとき、魯肉飯(るうろうはん)を半分残しておくのがポイントです。


まぜられたカレーは見た目こそカオスに感じますが、カレーの旨味・ベースを崩す事なく、少しずつ食感・味変が入って行くすばらしいカレーになります。
スプーンが止まらなくなります。

さて、さきほど半分残しておいた魯肉飯(るうろうはん)が残りました。

おわかりですね。

ここで『ぷちカレー(ラム)』を投入すれば、『プチろかプレート(ラム)』として二度楽しむことができます!




ラムカレーとの相性も最高です。


あっという間に完食。ごちそうさまでした。

③全メニュー一覧


魯珈(ろか)には、今回注文した『ろかプレート(魯珈チキン)』『ぷちカレー(ラム)』の他にも、たくさんメニューがあります。
全メニュー一覧は、下記の通りです。

<メニュー一覧>
◆メインメニュー
・ろかプレート (950円)
お好きなカレーと魯肉飯のあいがけワンプレート。

・魯肉飯(るうろうはん) (750円)
台湾屋台で人気の、豚ばら煮込みかけごはん。

・選べる2種カレー (850円)
お好みのカレーを2種選べます。

・魯珈チキンカレー (700円)
甘みの強い玉ねぎを炒めトマトの水分で煮込んだヘルシーなスパイシーカレー。

・ラムカレー(ビンダル風)」(800円)
一晩マリネした柔らかい生ラム肉のカレー。

・クリーミィ野菜コルマカレー(700円)
ココナッツミルクやヨーグルトを使ったマイルドカレー。

◆サイドメニュー
・ぷちサラダ(100円)
・ぷちカレー各種 (200円)※ルーのみ

◆ドリンクメニュー
・ラッシー (200円)
・チャイ (200円)
・ジャスミン茶 (150円)
・がぶ飲みワイン (500円)
・瓶ビール各種 (500円)

このほかに、毎週水曜日に更新される「限定カレー」があります。

私がうかがった際は「ニルギリチキンカレー」でした。


毎週ちがう限定カレーが食べられる点においても、毎日飽きずに食べられるカレーというモットーが貫かれていますね。

④お弁当・テイクアウトも可


魯珈(ろか)では、お弁当としてお持ち帰り(テイクアウト)できるメニューもあります。

<お弁当メニュー>
①カレー弁当(600円)
 ※ラムは+100円
②魯肉飯弁当(700円)

魯珈(ろか)のテイクアウト(持ち帰り)は、前日の閉店後と当日の朝に電話で予約可能です。

予約電話番号:03-3367-7111

追加料金で「ご飯大盛り」や「カレー増量」などのオプションを付けることもできますよ。

まとめ

今回は、人気カレー屋『魯珈(ろか)』の魅力&入店ルール(記帳方法)&必食メニューについて、まとめて解説しました。

この記事が、あなたの魯珈(ろか)デビューの参考になれば幸いです。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。