京都駅近くで本格抹茶スイーツを楽しみたいなら「辻利 京都タワーサンド店」がオススメ







そうだ、京都行こう。

歴史を感じる街並みや寺社、四季を彩る自然。
東京から手軽に行けることもあり、京都へ旅行する方もどんどん増えていますね。

せっかく京都旅行に来たなら、京都らしさを存分に味わいたいところ。

京都駅近くで手軽に楽しめる、本格的な抹茶スイーツはいかがでしょうか?

今回は、京都駅近くにある京都宇治の老舗「辻利」が運営するカフェ、「辻利 京都タワーサンド店」についてご紹介します。

※この記事の一部画像は公式HPより引用しております

1,辻利とは?


辻利とは、京都・宇治で萬延元年(1860年)に創業した老舗のお茶屋さんです。

創業者は「辻利右衛門」。

幕末動乱の中で荒廃した茶園の復興に尽力し、「玉露製法」という玉露(ぎょくろ)を美しい緑色に仕上げる製法を確立したことで有名です。

ちなみに、辻利といえば京都の各地で微妙に名前が違う店舗がありますよね。
祇園辻利や都路里など。

同じお店かと思いきや、実は別の店舗です。

こちらのカフェを運営している辻利は、「京都宇治総本家 辻利」です。

京都宇治総本家 辻利といえば銀座シックスにもカフェ店舗をオープンしており、開店当時は話題になりましたね。

【辻利】特別感のある手土産は銀座シックスの京濃い茶ガトーがオススメ

2018.07.12
各地に存在する「辻利」の看板を掲げた店舗は、暖簾分けや分家、看板貸与や共同出資によるものなんだそうです。



2,辻利 京都タワーサンド店について


まずは、お店の情報をご紹介します。

<お店情報>

▼店名
辻利 京都タワーサンド店
▼アクセス
「京都駅」新幹線改札より徒歩4分
▼営業時間
 月~日
 9:00~21:00
▼食べログ詳細

関連ランキング:日本茶専門店 | 京都駅七条駅五条駅(京都市営)

京都タワービル1階にあり、使い勝手バツグンのカフェ。

新幹線の改札から徒歩4分というのがポイント高いですね。

「150余年に渡り受け継いできた辻利のこだわりの抹茶を手軽に楽しんでいただきたい」という想いから生まれたそうです。

こだわりは「辻利」厳選の宇治抹茶をふんだんに使ったスイーツやドリンクで、手軽に本格的な味を楽しむことができます。

3,オススメは「京ラテフロート」


ということで、「辻利 京都タワーサンド店」へ実際に行ってきました。
場所は、京都タワービルにある「KYOTO TOWER SANDO(京都タワーサンド)」の1階にあります。


抹茶を中心とした和スイーツがメインです。
おいしそうなメニューが並んでますね。

1番のオススメは「京ラテフロート」です。

<京ラテフロート>
▼京ラテフロート抹茶
サイズ S:594円 L:648円
▼京ラテフロート濃い味
サイズ S:616円 L:670円
抹茶・濃い味の2種類があり、抹茶フロートの上にあんこ・白玉・アイスが乗ったスイーツです。

個人的には、「京ラテフロート濃い味」Lサイズがオススメですよ。


カウンター席もモダンな和風でテンションが上がりますね。
開放的でポカポカした陽気も差し込み、とても気持ちいい空間です。

さて、やってきました!


左が「京ラテフロート濃い味」右が「京ラテフロート抹茶」です。

では、早速いただきます!


甘さ控えめのなめらかなアイス。

ミルクの甘みとコクを感じることができ、宇治抹茶の粉末がアクセントになっています。
抹茶の苦みと旨味がふわりと広がり、おいしいです。

フロート自体も抜群においしい。

味は2種類あると言いましたが、抹茶の方はどちらかというとスイーツ寄りで、コクのあるミルクと合わさったマイルドな抹茶という感じ。
濃い味の方が抹茶本来の味を楽しむことができます。


あんこ、白玉との相性もバツグンです。


後半はフロートと氷が残ります。
濃い味の方が最後まで味が薄くならず楽しむことができますよ。

ごちそうさまでした!

4,まとめ

いかがだったでしょうか。

こだわりの抹茶を京都駅近くで手軽に楽しむことができるので、おみやげを買う合間や、新幹線に乗り込む前にホッと一息つくのにピッタリです。

京都旅行の際にはぜひ試してみてくださいね!