【新宿ランチ】麻辣王豆腐(新宿/麻辣王豆腐/980円)







<食べた料理>
①麻辣王豆腐
お会計:980円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

四川風の麻婆豆腐を食べられるお店が増えていく中で、店を選ぶ理由の1つとしてネーミングも大事な要因ですね。
「麻辣」の「王」として君臨する麻婆豆腐を食べられるというのなら、行かざるを得ません。

今回は新宿界隈で麻婆豆腐の高評価を得ている人気店、「麻辣王豆腐」のランチに行ってきました。

1,お店情報

まずはお店の情報をご紹介します。

<アクセス>
新宿東口から徒歩3分
地下鉄B12B出口から30秒
<お店情報>

関連ランキング:四川料理 | 新宿三丁目駅新宿西口駅新宿駅

2,混雑状況/入店

場所は新宿アルタの裏通りにある雑居ビルの3Fです。
「麻辣王豆腐」を食べに行くという目的がなければ通り過ぎてしまいそうな外観ですね。

店が入っているビルの前には麻辣王豆腐の看板。

TBS系列のテレビ番組「王様のブランチ」やグルメ雑誌「週刊現代」などで特集されたこともあるようです。


到着時刻は12時半頃でしたが、行列は特になく店内も先客は2組でした。

さて、着席し注文するは麻辣王豆腐です。
辛さ増しにすると「+200円」かかるとのことで、今回は「普通」でオーダーしました。




3,実食!いただきます

注文からすぐ、2分ほど経ちやってきました。
「麻辣王豆腐」着ドンです。


<食べた料理>
①麻辣王豆腐
お会計:980円


刻まれた鷹の爪、麻婆豆腐の上にかけられた花山椒が食欲をそそります。

では、いただきます!!

まずは、麻婆豆腐から。

麻婆はラー油・挽肉の旨味がジュワっとでたベースで、コクがあります。
唐辛子は序盤それほど辛みを主張しませんが、どんどん蓄積していくタイプの辛さです。
花山椒は粗びき。ですが、少し古いものなのか、香りは弱めで、ジャリっとした食感が残っています。

豆腐は木綿。湯引きされており余計な水分が染み出ることはなく食感もなめらか。
麻婆ともよく絡みおいしいのですが、後半ラー油のまとわりつき方がしつこい感じがしました。

そして今回残念だったのが、提供温度。
アツアツを期待していましたが、ぬるめの仕上がりでした。

前回来た際にはアツアツの麻婆豆腐で花山椒の食感も気にならなかったのですが、今回はハズレ会かもしれません。

続いて、ライス。

こちらのお店ではランチタイムはライスおかわりOKです。
炊き具合は、少し柔らかめなのですが表面が乾き気味。
正直おいしくないです。

麻婆豆腐とライスの相性も、もう一声ほしいところ。

オイリーな麻婆なので、水分は少な目、かつホカホカのごはんがほしかったですね。


スープはとろみのある中華スープ、ぬるめ。
前菜も特筆する点は特になし。

今回はライスおかわりなしで、完食です。

ごちそうさまでした。

4,まとめ

実はこちらの麻婆豆腐が気に入っており何度か通っていたことがあるのですが、今回は期待していた麻婆豆腐が食べられず残念でした。
客足も前回の訪問から遠ざかっている印象を受けたので、サービス面含めもう一度復活してほしいですね。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

東京リーマンライフ公式アカウント

【Facebook】フォローはこちら

【Twitter】フォローはこちら