【都内おすすめ銭湯④】戸越銀座温泉(戸越銀座駅)







みなさん、癒されてますか?

【都内オススメ銭湯】シリーズ。
今回は第4弾です。

今回も「私がオススメする銭湯の条件」5つに沿った銭湯をご紹介します。

<オススメ銭湯の条件>
①清潔感がある
②広々、ゆったりとお風呂を楽しめる
③風呂上がりにゆっくり休憩できる場所がある
④露店風呂、水風呂、その他特徴がある
⑤コスパが良い

【都内オススメ銭湯】シリーズでは、私が実際に行った銭湯の中で、オススメ銭湯の条件を揃えた銭湯をご紹介します。

第4弾は、「戸越銀座温泉」をご紹介します。

※この記事の画像は公式HPより引用しております

1, 戸越銀座温泉  


戸越銀座温泉は、食べ歩きでも有名な商店街「 戸越銀座商店街 」沿いにある銭湯です。
テーマは、「懐かしくも新しい銭湯の姿」

「銭湯ペンキ絵」にこだわった内装と、天然温泉である「黒湯」を楽しむことができる銭湯です。

1-1,住所/アクセス

住所、アクセスは下記の通りです。

<住所/連絡先>
▼住所
 東京都品川区戸越2丁目1−6
▼電話番号
  03-3782-7400
▼アクセス
 戸越銀座駅から徒歩5分

1-2,料金/営業時間


利用料金は下記の通りです。

<利用料金>
▼入浴料
大人:460円
▼サウナ
750円(入浴料込)
▼備品
バスタオル:100円
フェイスタオル:50円
手ぶらセット:100円
(フェイスタオル・石鹸・シャンプー)
営業時間は下記の通りです。
<営業時間>
15:00-25:00
※日曜は朝湯あり(8:00-12:00)
※定休日:毎週金曜

1-3, お風呂/施設


もともとは「中の湯」という銭湯として戸越に操業しましたが、2007年に戸越銀座温泉としてリニューアルしました。
その際に現地で彫り上げたのが「天然黒湯温泉」です。

浴室には黒湯の天然温泉(露天風呂)はもちろん、趣の異なる2種類の浴室「月の湯」「陽の湯」があります。

浴室は週替わりで男女を入れ替えられる仕組みで、訪れる日にちによっては別の浴室に入れる面白さがあります。

<館内施設>
1F:受付、食事/休憩処
2F:温泉
3F:露天風呂(浴室内階段あり)
1階には軽く食事もできる休憩スペースがありますので、風呂上りはこちらでリラックスすることが可能です。



2,行ってきました

さて、実際に行ってきました。

2-1,行き方について


戸越銀座駅に到着しました。

駅の改札を出ると、すぐに商店街が始まります。
第三京浜道路を渡り、歩いて5分ほどで到着します。

商店街にはおいしいグルメがたくさんあるので、食べ歩いてからひとっ風呂あびるのが最高ですよ。

実際、今回私も食べ歩きからの銭湯というコースで楽しみました。
食べ歩きについては別記事で紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

【戸越銀座商店街】食べ歩き&魅力まとめ:オススメグルメ&銭湯

2018.05.08


こちら赤い看板のブティックを目印に、角を曲がります。
似たような路地がたくさんあるので、見逃さないようにしましょう。

さて、到着です。

外観は銭湯っぽくないつくりですね。
コインランドリーも建物の中に隣接しているので、洗濯している間にひとっ風呂あびるのもいいですね。

2-2,入館


では、さっそく入ってみましょう。

ゲタ箱の横に券売機があるので、こちらで入浴券とタオル等を購入します。

この立地にしてはリーズナブルな入浴料:460円
地元の方も通いやすい料金設定にされているんですかね。

入口から入るとすぐ受付がありますので、購入した券をそこで渡し、2Fへ上がります。

週替わりで男湯・女湯が変わりますので、しっかりチェックしましょう。

脱衣所は清潔に保たれています。
ロッカーは100円リターン式なので、100円玉を用意しておきましょう。

ちなみに広さはそれほど広いわけではなく、私が行った日はお客さんでごった返していました。

2-3,いざ温泉へ!

天井が高く、開放感のある浴室ですね。
光が斜して気持ちいいです。

まずは洗い場で身を清めましょう。

備え付けのシャンプー、リンスはありませんので、必要な方は「手ぶらセット(100円)」がオススメですよ。

身を清めてからまず向かうは、戸越銀座温泉イチオシの「天然黒湯温泉(露天風呂)」。


露天風呂は階段を上がった3Fに設置されています。

晴れた日に天然温泉の露天風呂、最高ですね。
泉質はサラリとしていますが、色は真っ黒です
身体の奥からポカポカとしてくる感覚がありました。

こちらの露天風呂、なんとテレビが付いています。
お風呂の温度もそれほど高くないので、低温サウナ感覚でゆったりと浸かるのにいいですね。

さて、次は内湯の「陽の湯」へ向かいます。

私が行ったときは昼でしたが、夜になるとこんな幻想的な浴室に変わるようです。
こだわりの「銭湯ペンキ絵」も見事です。

しかもこのペンキ絵、数年ごとにデザインが更新されていくそうです。
私が行った時も、上記公式HPの画像ではなく、アーティスティックな七福神が描かれていました。

常連を飽きさせない新しさを追求する姿勢。
まさにテーマである 「懐かしくも新しい銭湯の姿」を体現されていますね。

その後はじっくりお風呂に使って体が暖まったので水風呂へ。
先日、別記事でご紹介した温冷浴を継続しているので、銭湯に来ても実践してます。
頭も体もスッキリするので、本当にオススメですよ。

【実践】お風呂&冷水シャワーの「温冷交代浴」を1年間続けた効果

2018.01.06

2-4,風呂上り


風呂上りは1Fにある休憩所へ。

飲食できるスペースで、簡単な食堂も隣接しています。

漫画も置いてありますが、なかなかに渋めのチョイス。
自動販売機でコーヒー牛乳を頂き、戸越銀座温泉を後にしました。



3,都内オススメ銭湯

都内には他にもコスパ抜群・オススメ銭湯がたくさんあります!

【銭湯】コスパ最高!都内にあるオススメ銭湯,温泉まとめ

2018.11.28
上の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

いやー、癒されました。

それほど広いわけではありませんが、この立地から見たコスパと、 「懐かしくも新しい銭湯」を体現する姿に心打たれました。
地元の人からも愛されている理由が分かった気がします。

「戸越銀座商店街の食べ歩き」からの温泉、という楽しみ方ができますので、1人でも、友達でも家族でも楽しめる温泉ですよ。

【戸越銀座商店街】食べ歩き&魅力まとめ:オススメグルメ&銭湯

2018.05.08
皆さんも、休日に戸越銀座へ出かけてみてはいかがでしょうか?

それでは皆様、素敵なリーマントラベルを!