【裏ふるさと納税】Amazonギフト券で還元率40%!でもすぐ消えそうな予感。。







控除額満額以内であれば、実質2,000円で色々な返礼品を受け取れる「ふるさと納税」
もうすでに活用されている方も多いかと思います。

しかし、ふるさと納税をめぐっては「やりすぎ」てしまう自治体も増えてきており、国が規制に動き出すニュースを最近よく見かけます。

実質還元率は30%以内にせよ、地場産の返礼品に限定せよ、といった動きですね。

2019年あたりから本格化しつつある規制に対し、2018年がラストイヤーと言わんばかりに「やりすぎ」は返礼品が登場しています。

今回の記事ではそんな「やりすぎ」返礼品についてご紹介します。
※すぐ削除されてしまう恐れがあるため、お早めに!

1,Amazonギフト券(還元率40%)

寄付先は、静岡県小山町

ふるさと納税サイトである「ふるなび」で寄付できます。

その内容はさかの「Amazonギフト券」


小山町とは全く関係のない内容ではありますが、「Amazonで静岡の名品を買おう!」というフレーズでうまく(?)運用しています。
(消えては再掲載され、の繰り返しですが。。)

1つ言えるのは、納税額の40%の金額、Amazonギフト券がもらえるということです。

最低納税額は、25,000円。
リンクをまとめておきます。

また消えてしまう前に、興味のある方はゲットしましょう!

2,旅行ギフトカード(還元率50%)

やりすぎているのは静岡県小山町だけではありません。
和歌山県高野町もやっちゃってます。

その返礼品は「日本旅行ギフトカード」
なんと還元率は50%です。


最低納税額は、20,000円です。
リンクをまとめておきます。

また消えてしまう前に、興味のある方はゲットしましょう!

「期間限定」と記載されているので、早めにゲットしましょう笑

ギフトカードは換金性が高く、ふるさと納税の目的とは反するものなので、総務省的には規制の方針が出ています。

あまり旅行に行かないという人も、「ギフトカードは換金性が高い」をヒントに懐を暖めましょう。。

3,返礼品の規制について

以前、東京リーマンライフでふるさの納税規制を記事にした頃は、まだ各自治体への「警告」程度のものでしたね。

【ふるさと納税】返礼品は地場産に限定?概要/背景まとめと考察

2018.04.06
いまや具体的に還元率を規制したりと、国も本腰を上げてきています。

今回の記事では「グレー」な返礼品をご紹介しましたが、他にも魅力的な返礼品はたくさんあります。
下記記事にて「返礼品人気ランキング」をまとめていますので、納税できる控除額に余りが出た場合は参考にどうぞ。

【発表】2017年度「ふるさと納税」人気ランキング

2018.01.13

4,まとめ

今回の記事は速報的なもので、いつ消えてもおかしくない内容の返礼品です。

もしこの記事を見られたときに、すでにリンク先が消えている場合はごめんなさい笑

せっかくのふるさと納税、賢く利用していきましょう!