【2020最新】社会人が効率よく稼げる副業5選!副業選びのポイントも解説!




「働き方改革」の影響により、『副業(サイドビジネス)』に取り組むビジネスパーソンがどんどん増えていますね。

副業と一言でいっても、クラウドソーシングなど本業のスキルを活かした副業、ウーバーイーツなど本業とは関係ない副業と、内容はさまざまです。

社会人にとって副業できる時間は限られているため、自分に合った効率よく稼げる副業を選びたいですよね。

今回は、社会人にとって効率よく稼げる副業を5つに厳選して解説していきます。

※この記事の一部画像は公式HPより引用しております

1,副業選びのポイント

まずはじめに、社会人が本業をしながら副業を成功させるための『副業選びのポイント』について解説していきます。

どれも私が実際に副業をして感じた・経験したことなので、これから副業を始めようとしているビジネスパーソンはぜひ参考にしてください。

①1週間で副業に充てられる時間は?


社会人が副業を成功させるための『副業選びのポイント』1つめは、1週間のうち副業できる時間はどれくらいかを事前に把握しておくことです。

例えば、本業で朝早くから夜遅くまで働いている、休日は家族との時間を取りたいなど、まとまった時間が取れない人にとっては「クラウドソーシング」は不向きであるといえます。

納期・品質を求められる仕事においては、ある程度まとまった時間を副業に充てられた方が有利なのです。

まとまった時間が取れない人には、Youtubeによる動画配信・ブログ運営といった広告収入など、ある程度マイペースで運用できる副業が向いています。

このように、自由に使える時間・理想のワークライフバランスを考えた上で、副業に充てられる時間を計算しておけば、自分に合った副業を選ぶ大きなヒントとなります。

②本業に支障が出ない範囲で!


副業の利益が本業の給料を超えない限り、あなたにとって優先すべきは「本業」です。

ビジネスパーソンが副業をするうえでやりがちなのは、副業に力を入れすぎて本業に支障をきたすことです。

副業に力を入れすぎたり、1日中副業のことを考えるようになると、本業のパフォーマンスが落ちたり、休息時間が取れず体調を壊したりしかねません。

メインの収入源である本業において年収が下がってしまうのは、まさに本末転倒。

あくまでもメインに据えるのは本業としたうえで、副業選びをしましょう。

③まずは1つに絞って集中しよう


まずは副業を1つに絞り、時間・体力という限られたリソースを注ぎましょう。

副業をやり始めた時期にありがちなのは、1つの副業で成果が出る前に「あれもこれも」と次の副業に手を出してしまうことです。

治験やアルバイトなど、時間と収入を交換するような副業であれば話は別ですが、物販・アフィリエイト・動画配信・クラウドソーシングなどは「評価」が大切になります。

時間をかけて、実績を積み上げることで評価が生まれ、その評価が今後の仕事につながるのです。

まずは副業を1つに絞り、最低でも1年間は続けましょう。

集中して取り組むことで努力が花開けば、大きな仕事や収益につながる可能性はどんどん高まりますよ。




2,効率よく稼げる副業5選

ここからは、社会人にとって効率よく稼げる副業を5つに厳選して解説していきます。

難易度の低い順番から、解説していきますね。

①フードデリバリー


ウーバーイーツ・出前館に代表される『フードデリバリー』は、いままさに旬な副業といえます。

2020年に流行した新型コロナウイルスの影響で、外出せずにお店の味を食べられるフードデリバリーが大流行しました。

自転車・バイクで料理を運ぶデリバリースタッフを見かける機会もかなり増えましたよね。

在宅勤務でお昼近くの時間が空いている方、土日に副業できる方にとっては、手っ取り早く収入を得られる方法としてオススメですよ。

ただし、数をこなさないとまとまった収入にはなりませんので、「まずは小遣い稼ぎで十分」「副業で収入を得られるという経験をしたい」という方にのみオススメします。

②オンライン物販(せどり)


誰でも手軽にでき、コツさえ掴めば大きな収入を得られる可能性が高いのが『オンライン物販(せどり)』です。

私が副業の軌道に乗り始めたのも、このオンライン物販がきっかけでした。

オンライン物販というと少し難しそうですが、いわゆるメルカリ・PayPayフリマなどのフリマアプリでの商品の売買も含まれています

ネットでモノを売買した差額=収益なので、副業初心者からガッツリ稼ぎたい方まで、幅広くオススメしています。

メルカリ・PayPayフリマなどのフリマアプリで『売れるコツ』を掴んで、Amazon・自作ネットショップでガッツリ稼ぐのが王道ですね。

売れ筋商品について解説した記事も書いているので、こちらも参考にしてください。

【最新】PayPayフリマで一瞬で売れるモノは?売れ筋・人気商品トップ5を徹底解説!

2020.05.26

③クラウドソーシング


本業で身につけた能力がある方にオススメなのは、『クラウドソーシング』です。

ライティング・データ入力という簡単な作業から、システム開発・企画の編集など、さまざまな仕事の中から自分に合った仕事を選ぶことができます。

スキル・実績(評価)によって報酬が決まるので、初めは1つ1つの仕事を丁寧に完了させることが軌道に乗るコツですよ。

納期が決められている仕事がほとんどなので、本業のスキルを活かせる・ある程度まとまった時間を取れるという方にとってはオススメです。

また、『Time Ticket(タイムチケット)』のように、自分から仕事を登録して、その時間を買ってくれる人を募集するサービスもあります。

専門職・コーチング・コンサルティングなど、一芸に秀でたスキルをもつ方にはオススメの副業ですよ。




④アフィリエイト(ブログ等)


今回ご紹介する5つのの中では地道で時間がかかりますが、ブログ等による『アフィリエイト』もオススメです。

アフィリエイトとは、自分でブログなどを開設し、記事で紹介した商品を買ってもらうことで、アフィリエイト会社から収益を得る仕組みのことです。

ブログの読者・ファンが増えて評価されれば、月100万円以上も稼げる世界で夢があります。

初めの数ヶ月~半年は地道で成果が出にくいため大変ですが、軌道にさえ乗れば自分のペースで運営できるようになります。

また、一度書いた記事であれば半永久的に有効なので、不労所得用の副業としてもオススメです。

コツコツが好きな方・時間があまり取れない方にとってはオススメの副業です。

⑤動画配信(Youtube等)


副業を志す人であれば誰でも一度は考える、Youtubeなどによる『動画配信』。

「好きなことで、生きていく」というキャッチコピーや、大金を稼ぐユーチューバーを見て夢を抱く方も多いでしょう。

実際は、いま最も新規参入者が多いビジネスといわれており、とにかくライバルが多いです。

テレビで活躍する芸能人の参入も増えており、これからYoutubeで戦うには斬新なアイデア・工夫が必要になります。

動画の撮影・編集の時間が取れる、本業でデザイン・マーケティングなど動画配信の知識がある方にとってはオススメの副業ですよ。

ただし、チャンネル登録者数も1,000人以上集まって初めて収益が発生するモデルですので、それなりの覚悟が必要な副業であることは覚えておきましょう。

【Youtube】収益化審査の変更点&副業としてふさわしいか徹底考察

2018.06.18

まとめ

今回は、社会人にとって効率よく稼げる副業を5つに厳選して解説しました。

あなた自身の本業・ライフスタイルに合った副業を選ぶことが成功の第一歩です。

この記事があなたの「自分にピッタリの副業選び」のヒントになれば幸いです。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。