【QUOINEX】簡単!口座・アカウント開設方法まとめ







仮想通貨について勉強していくと、「ビットコイン」だけでなく様々なコインがあることがわかりますね。

また、口座開設する会社によって「手数料」や「スプレッド」も大きく異なります。

今回は、仮想通貨を取り扱う会社の中でも

「取り扱いコイン数」
「手数料の安さ」
「スプレッド幅の狭さ」

の3つを強みとしている「QUOINEXの口座開設、購入できるようになるまでの手順をご紹介していきます。

※この記事の画像は公式HPより引用しております

1,QUOINEXとは


まず、QUOINEXについて簡単にご説明します。
読みは、「コインエクスチェンジ」です。

国内の仮想通貨交換事業者の中で1番目に金融庁登録が認められた会社で、取引所としては世界最大級です。

取り扱いコインの種類は22種類
業界で最も多い種類を扱っています。
仮想通貨の中でも特に注目されている「QASH」というコインがありますが、この「QASH」も取り扱いしています。

実効スプレッドも業界で最も狭いのも特徴です。
つまり、買って、売る際の価格の乖離が最も少ないということです。
利益をあげる上では重要なポイントですね。

取引手数料が無料なのも特徴です。

下記図は、他社と比較したまとめです。


また、入金サービスの対応金融機関も豊富ですので、いざという時にすぐ入金ができます。

国内では「ビットフライヤー」が有名ですが、実際の取引を考えた際には「QUOINEX」に軍配があがる部分は多いですね。

2,口座・アカウント開設方法

それではここから口座・アカウント開設方法についてご説明していきます。
口座開設は無料でできます。

流れは下記図の通りなのですが、とても簡単に手続きできます。


次項から、詳細についてご説明していきますね。

2-1,フォーム入力

まずはコインエクスチェンジのHP(ビットコインなら【QUOINEX】)にアクセスします。


「口座開設」ボタンをクリックすると、「新規登録」の画面が現れます。


「次へ」をクリックすると入力ページに移ります。

ここからは、口座・アカウント開設に必要な情報を入力していきます。

後ほど提出する「本人確認書類」と違う情報が書かれていると審査が通らないので、免許証などと内容を同じにしましょう。

<入力項目>
メールアドレス、任意のパスワード
日本に住んでいるか等チェック
氏名(漢字・カナ)
生年月日
性別
国籍
外国の公人でないか
連絡先
電話番号
職業
収入源、年収
投資可能資産
投資経験
全て入力・選択を終えたら、「次へ」をクリック。


これまで入力してきた確認画面が出るので、情報に誤りがないか確認します。

すべて問題なければ、規定・取引ルールに同意とチェックし、「次へ」をクリック。
いくつかロボットテストがあるので、それを回答していきます。

ここまでくれば、QUOINEXの仮登録が完了しました!


登録時に入力したメールアドレスに「本登録のご案内」メールが届きます。


メールに記載されているリンク「confirm my acount」をクリックすると、本登録が完了です。

2-2,本人確認書類の送付

次は本人確認書類を送付します。
といっても、本人確認書類の写真をアップするだけですので簡単ですよ。

TOP画面よりログインし、右上「プロフィール」をクリックし、「ステータス」をクリックします。


図のページに移りますので、本人確認書類を提出します。


本人確認の推奨書類は下記の通りです。

本人確認書類をアップロード完了すると「審査中」のステータスになります。

ここまでで、本人確認書類の送付は完了です。
審査が完了し次第、QUOINEXからハガキ・メールが届きますよ。

2-3,口座開設完了

申込からしばらくすると、QUOINEXからハガキ・メールが届きます。

メール文面の中にある「Confirm my account」(アカウントを確認する)を押します。

これで、口座の本登録が完了しました。


3,まとめ

いかがだったでしょうか。

前述の通り、国内では「ビットフライヤー」が有名ですが、いい仮想通貨の販売所・取引所は知名度だけでは計れません。
実際の取引を考えた際には「QUOINEX」に軍配があがる部分は多いこともわかったかと思います。

口座開設自体は無料なので、いざという時にすぐ動けるよう「準備」という名目で口座開設しておいてもよいかもしれませんよ。

最後までお読みいただき、有難うございました。

▼ビットフライヤー口座開設

【ビットフライヤー(bitFlyer)】簡単!口座・アカウント開設方法まとめ

2018.01.19