【銀座ランチ】中華 三原(東銀座/チャーハン/800円)☆







※ランチ休業中(2018.05~)※

<食べた料理>
①炒飯
お会計:800円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

銀座5丁目。
新しいビルが立ち並ぶ隙間に、まるで昔にタイムスリップしたかのような路地があります。
その路地の一角で、ボリューム満点のチャーハンを提供してくれる中華の老舗があると聞き、やってきました。

今回は大盛りチャーハンで高評価を得ている人気店、「中華 三原」のランチに行ってきました。

1,お店情報

まずはお店の情報をご紹介します。

<アクセス>
「東銀座駅」A1出口より徒歩1分。
東銀座駅から198m
<お店情報>

関連ランキング:ラーメン | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

2,混雑状況/入店

冒頭に「まるで昔にタイムスリップしたかのような路地」と書きましたが、その風景がこちらです。

この路地の奥に、今回ご紹介するお店があります。

到着時刻は13時頃でしたが、まだ行列が絶えていませんでした。


さて、メニューの看板ですが値段がわかりません。
店内の壁にメニューが貼っているので、何を食べるか決めながら並びましょう。

1番人気は「チャーハン(800円)」です。
今回はこちらを頂こうと思います。

行列に並ぶこと10分ほど。
カウンターに案内されました。

客層は意外と女性客・若めのサラリーマンも多く、他は常連のお年を召した方々もいらっしゃいました。
幅広い客層に長年愛されていることが伺えます。


テーブルには酢、ラー油、そしてコショウ。
タンメンも有名なので、その味変には持って来いの調味料ですね。




3,実食!いただきます

カウンター奥で大鍋をふるう大将。
店内は熱気ムンムンです。

着席から5分ほど経ち、やってきました。
「チャーハン」着ドンです。


<食べた料理>
①炒飯
お会計:800円

言っておきますが、これで並盛です。
横からみてもなかなかの高さ。

では、いただきます!!

まずは1口。

食感の第一印象は「パラパラ」ですが、コメの中の方は「しっとり」しています。
表面を調整強火で炒めているからこその食感でしょうか。

味付けはシンプルながら、塩気強めです。
前半はしっかりとした味付けに喜んでいましたが、のちのちしんどくなってきました。

メインの具材はチャーシュー。

ゴロゴロっとしたチャーシューがたっぷり入っています。
チャーシューにもしっかりと味付けがされており、このチャーハンだけでもビールが進みそうです。

スープは大衆中華によくある業務用スープに近い味。

チャーハンを食べ進める合間のオアシスとして活用します。

さて、半分ほど食べ進めました。

断面もまた迫力ありますね。

ここから後半戦なのですが、やはり塩気がなかなかしんどく、テーブルに置いてある酢で味変しながら最後まで食べ進めることにしました。

ガツガツと食べ進め、完食です。


ごちそうさまでした!

4,周辺のチャーハン店

銀座のボリューミーなチャーハンといえば「交通飯店」があります。
優しいチャーハンを食べたい方はこちらの方がオススメ。

交通飯店(銀座,有楽町/チャーハン大盛り/830円)☆☆☆

2017.11.01

5,まとめ

昭和の香り漂う路地で未だ繁盛店である中華 三原。

そのボリューム、店内の熱気から、まだまだ繁盛店として続いていくんだろうなという気概を感じ、またエネルギーをもらった気がします。

熱気ある店内でガッツリ中華を食べたい時には立ち寄りたいお店です。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

東京リーマンライフ公式アカウント

【Facebook】フォローはこちら

【Twitter】フォローはこちら