【築地ランチ】きつねや(築地市場/ホルモン丼,半熟玉子/900円)★☆☆







<食べた料理>
①ホルモン丼:850円
②半熟玉子:50円
お会計:900円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

東京随一の観光スポットとして名高い「築地市場」。
2018年10月には豊洲への移転が決定し、今年でラストイヤーと言われています。

築地には場内・場外ともに魅力的なお店がたくさんあり、サラリーマンや観光客で連日賑わっています。
それらのお店も豊洲へ移転してしまうのか、旧市場としてお店が残るのかわかりませんが、ぜひ存続してほしいですね。

そんな築地市場といえばやはり「新鮮な魚」というイメージがありますが、それだけじゃありません。

今回は築地市場「場外」人気店の代名詞ともいえるホルモンのお店 、「きつねや」のランチに行ってきました。

1,お店情報

まずはお店の情報をご紹介します。

<アクセス>
東京メトロ「築地」駅徒歩5分
都営大江戸線「築地市場」駅徒歩5分
<お店情報>

関連ランキング:ホルモン | 築地市場駅築地駅東銀座駅

2,混雑状況/入店


ということで、築地市場場外へ到着しました。
到着時刻は12時すぎ。
きつねやは新大橋通り沿いの路面店として営業しています。

お店はこじんまりとしており、カウンターには小さい椅子が5席。

その前の歩道沿いに立ち食いスタイル用のテーブルが置かれており、そちらで頂くこともできます。  

ガイドブックにもオススメとして載っているようで、海外からの観光客もチラホラといらっしゃいました。


さて、メニューですが1番人気は「ホルモン丼(850円)」です。
今回はこちらに「温泉玉子(50円)」を付けて、頂きます。


カウンターに着席すると、「モツ煮」の大鍋が目の前に。
グツグツと煮込まれているモツと、 長年にわたり継ぎ足されてきたタレの甘辛い香りがたまりません。




3,実食!いただきます

注文からできあがりは早いです。
3分経たないうちに、やってきました。
「ホルモン丼」着ドンです。


<食べた料理>
①ホルモン丼:850円
②半熟玉子:50円
お会計:900円

では、いただきます!!

まずは、ホルモン。

こちらのホルモンは牛ホルモンを使用しています。
メインは大腸・小腸で、プリッとした食感が特徴です。

味付けの肝であるタレは、甘めの八丁味噌がベース。
そこにグツグツと煮込まれた牛ホルモンの旨味が加わり、こってりとした深いコクを味わえます。
ただ味付けが濃いかというと意外とそうでもなく、重く感じないのも特徴です。

牛ホルモンの他に煮込まれているのが、コンニャク。

こちらもタレとよく絡み、コンニャクだけでもごはんが進みます。

丼ぶりを支えているごはんは、ふっくらとした炊き上がり。

こってりした牛ホルモンとよく合う仕上がりで、とてもバランスがよいです。

上にかかっている白ネギの辛みも、口の中をサッパリさせてくれるので飽きが来ず食べ進められます。

ここで、半熟玉子を崩しながら頂きます。

先に結論から言うと、ぜったいに半熟玉子は頼んだほうがいいです。

もともとコクのある牛ホルモンに、半熟玉子のまろやかさが加わり、コクがより濃厚になります。
かといってしつこくなく、うまくまとまるんですよね。

卓上の唐辛子をかけて頂くのも最高です。

ガツガツと食べ進め、あっという間に完食です。


ごちそうさまでした!

4,周辺の築地グルメ

【東印度カレー商会】ボリュームたっぷりの家庭的カレー

【築地ランチ】東印度カレー商会 築地市場場外(上々豚カレー/900円)

2018.04.07

5,まとめ

いやー、美味しかったです。
値段は高く見えてしまいますが、ボリュームもあり、食後の満足感としてはコスパ良ですよ。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

東京リーマンライフ公式アカウント

【Facebook】フォローはこちら

【Twitter】フォローはこちら