【秋葉原ランチ】カレーノトリコ(インド風カレー20辛,大盛,エビ/1,000円)★☆☆







※神田へ移転しました※

<食べた料理>
①インド風カレー20辛(ライス大盛り)
②トッピング:エビ
お会計:1,000円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

以前、東京リーマンライフでもご紹介した「カレーノトリコ」さん。

カレーノトリコ(秋葉原/インド風カレー大盛,チキン/1,000円)★☆☆

2017.11.17
今ではすっかり常連になってしまい、秋葉原の近くで仕事があるとつい寄ってしまうお店となりました。

その甲斐もあり、お店のスタンプカードが満点になりました!


ので、その記念に再度ご紹介したいと思います。

今回はスパイシーカレーで高評価を得ている人気店、「カレーノトリコ」のランチに再訪してきました。

1,お店情報

まずはお店の情報をご紹介します。

<アクセス>

都営地下鉄新宿線【岩本町駅】徒歩2分
東京メトロ日比谷線【秋葉原駅】徒歩3分
JR【秋葉原駅】徒歩4分
東京メトロ銀座線【神田駅】徒歩6分
JR中央線【神田駅】徒歩8分
<お店情報>

関連ランキング:カレーライス | 岩本町駅秋葉原駅神田駅

2,混雑状況/入店


到着時刻は14時頃。
さすがにこの時間になると行列はありません。
ただ12時~13時あたりは行列のピークで、お店の前の通路を挟んで並ぶこともあるほどの人気店です。

グルメレビューサイトを見てみても、初回訪問したときよりもぐっとレビュー数が増えており、「秋葉原のカレーといえばココ」という位置まで来ているのでは?
「マツコの知らない世界」やWeb版「東京カレンダー」でも取り上げられたりと、メディア露出も増えてきましたね。


さて、メニューですが1番人気は「あいがけカレー(1,200円)」です。
ただ私がいつも頼むのは「インド風カレー、ライス大盛り」です。
あいがけの牛スジカレーももちろん美味しいですが、インドカレーが特に美味しいので単品で注文します。

今回は辛さを「20辛」にしました。

初めての来店では最大「10辛」までしか選べませんが、2回目以降は前回注文した辛さから「+10辛」までの注文ができるようになります。
一気に100辛とかはできませんので、悪しからず。




3,実食!いただきます

着席から5分ほど経ち、やってきました。
「インド風カレー大盛,エビ」着ドンです。


<食べた料理>
①インド風カレー 20辛 (ライス大盛り)
②トッピング:エビ
お会計:1,000円

では、いただきます!!

まずは、カレー。


こちらのカレー、いわゆるサラサラ系のカレーで粘度は低め。
大量の野菜とスパイスが煮込まれたカレーで、カレーライスというよりスープカレーに近い味わい。

ベースであるカレーのコクがしっかり出ているので、20辛でも「ただ辛い」だけではありません。
うまくスパイスが調和しており、サラサラと食べ進められます。

ふんだんに乗せられた「カスメリティ」の風味・香りがぶわっと鼻を通り、後味も良いです。
カレールーとカスメリティの調和がここまで合うカレーってなかなか出会えないんですよね。

トッピングのエビ。


肉厚のプリプリで、サラリとしたカレーに食べ応えをプラスしてくれます。

ライスの炊き加減は粒の立った少し固めの仕上がり。


サラサラとしたスープカレーとよく合います。

ごちそうさまでした!

4,秋葉原周辺グルメ

秋葉原駅周辺のオススメグルメをご紹介します。

【絶品担々麺】阿吽(あうん)湯島/汁あり担々麺,ライス/880円★★☆

2017.11.22

雲林坊(秋葉原/汁無し担々麺ミニ麻婆丼/1,150円)★☆☆

2017.11.10

神田 雲林(神田,秋葉原/激辛マーボー豆腐セット/1,050円)★★☆

2018.03.08

東京パラダイス(秋葉原/ハーフ&ハーフ大盛り/900円)☆/トーキョーパラダイス

2018.03.27

あとは、コスパ抜群の銭湯も近くにあるのでご紹介しておきます。

【都内おすすめ銭湯②】江戸遊(えどゆう)/神田アクアハウス江戸遊(神田駅,秋葉原駅)

2018.03.19

5,まとめ

初めはそうでもなかったのですが、いつの間にかすっかりトリコとなってしまいました。

カレーの味を楽しむというよりは、うまく調合されたスパイスとカスメリティの「香り」を存分に楽しめるカレーです。
秋葉原近くでカレーを食べたいときには、迷わずオススメするお店です。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

東京リーマンライフ公式アカウント

【Facebook】フォローはこちら

【Twitter】フォローはこちら