陳家私菜 有楽町店(有楽町,銀座/頂天石焼麻婆豆腐/800円)☆☆







<食べた料理>
① 頂天石焼麻婆豆腐(中辛)
② バイキング
(唐揚げ、サラダ、スープ、杏仁豆腐、ライス)
お会計:800円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

皆さんは「激辛グルメグランプリ」という祭りをご存知でしょうか。
「激辛だけど超うまい」 グルメ の頂点を決めるイベントで、毎年8月下旬に開催されています。

そんな激辛グルメグランプリに2014年・2015年そして2017年と優勝したお店が有楽町にあります。

ということで、本日は「陳家私菜」のランチに行ってきました。

場所は、有楽町駅から1分ほど歩いた「 国際ビル 」というビルの地下1Fにあります。

時刻は遅めの13時頃で、行列はありませんでしたが店内はほぼ満員でした。

看板メニューの「頂点石焼麻婆豆腐」。

20年間の研究を重ね誕生し、「 旨い、辛い、熱い、痺れ」を兼ね備えた一品です。

さて、メニューですが1番人気は「頂天石焼麻婆豆腐ランチ(800円)」です。

今回はこちらを頂きます。

ちなみに、注文時に辛さを確認されます。
普通、辛い(中辛)、激辛 から選べますので、今回は「中辛」をお願いしました。
以前、激辛を頼んだ際にイタイ目をみたので。。辛いのが好きな方は激辛をオススメします。

席を案内され注文を終えたら、さっそくセットのバイキングを取りに向かいます。

・鶏のから揚げ
・サラダ
・中華スープ
・ライス
・杏仁豆腐

これらが食べ放題です。
から揚げも食べ放題というのがポイント高いですね。

テーブルには「頂天石焼麻婆豆腐」用の辛み・痺れをUPさせる調味料があります。

酢醤油もあるので餃子や焼売をオーダーしても大丈夫です。

注文から10分ほど経ち、やってきました。
「 頂天石焼麻婆豆腐 」着ドンです。


<食べた料理>
① 頂天石焼麻婆豆腐(中辛)
② バイキング
(唐揚げ、サラダ、スープ、杏仁豆腐、ライス)
お会計:800円

では、いただきます!!

まずは頂天石焼麻婆豆腐。

グツグツと煮えたぎっており、いかにも旨辛そう。
中辛とはいえ、一すくい目からゴロっとした唐辛子が見えています。

一口目は、案の定「熱い!」そして「辛い!」。
唐辛子の刺すような辛さが、煮えたぎる熱さに後押しされています。
シビレも多少感じますが、辛さが前面に出ています。

麻婆はドロリと粘度が高め、辛さに慣れてくると旨味・甘みをしっかり感じます。
このあたりで蓄積されたシビレも徐々に効いてきます。


これはライスが必須ですね。
炊き加減は少しパサりとしていますが、ドロリとした麻婆には丁度いいです。


レンゲで一口麻婆丼を作っては口に運んでいきます。
この間にも唐辛子の辛さがどんどん蓄積されていき、結局ごはん3杯を頂きました。
いやー、辛い!


サラダ、から揚げはクオリティに期待はせず。
食べ放題の前菜、くらいに考えておきましょう。


デザートの杏仁豆腐は、今までの辛み・シビレによる刺激を癒してくれる優しい味。
サッパリしているのでスルスルと食べ進められます。

ガツガツと食べ進め、あっという間に完食です。


ごちそうさまでした!

やはり激辛グルメグランプリ優勝の看板は伊達じゃないですね。
クセになる辛さと優良コスパに圧倒されました。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

===================

関連ランキング:中華料理 | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅