【秋葉原の台湾まぜそば】はるか 秋葉原店に行ってきました







<台湾まぜそば&小ライス>
①台湾まぜそば
②小ライス
お会計:950円

<感想>
   :特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

ラーメン界隈でいわゆる「汁なし麺」が流行り出して久しいですが、主に汁なし担々麺を指す言葉だと認識していました。

商談帰りに近くのラーメン屋を検索していると「台湾まぜそば」という食べ物が高評価でヒットします。
名古屋発、関東で勢力を伸ばしているようですね。

まだ食べたことがなかったので、本日は「はるか 秋葉原店」のランチに行ってきました。


場所は、秋葉原駅から北へ5分ほど歩いたところにあります。


これが噂の台湾まぜそばというやつですね。
なるほど見るからに美味しそうです。

時刻は13時半頃、行列はなくすんなり入れました。


さて、メニューですが1番人気は「台湾まぜそば(850円)」です。
今回はこちらと小ライス(100円)を頂きます。

食券を渡すと「ニンニクつけますか?」と聞かれるので、有無を答えましょう。
今回は「お願いします」と答えました。

調味料は下記の3種類です。


・昆布酢
・コショウ
・唐辛子

まぜそばの味変にピッタリのラインナップですね。

着席からしばらく待ち、20分ほどでやってきました。
「台湾まぜそば」着ドンです。


<台湾まぜそば&小ライス>
①台湾まぜそば
②小ライス
お会計:950円

そぼろ肉、刻みネギ・ニラ、ノリの上に卵黄が乗っています。
魚粉、にんにくが添えられており、彩り豊かな盛り付けです。

もったいないですが、まずはしっかりと混ぜましょう。

では、いただきます!!


まずは主役の麺。
太麺のストレートで、もっちりした食感かつ適度なコシも感じられます。
タレにしっかりと絡み、口いっぱいに味が広がります。

ただタレが効きすぎているのか、けっこうしょっぱいです。
まぜそば、というよりはジャンキーな味わいに感じました。


半分ほど食べ進めてから唐辛子・昆布酢で味変です。
辛みが加わりますが昆布酢でマイルドになり、これが美味しい。


麺を食べ終わったら、残りの小ライスと無料でいただける「追いメシ」を放り込みます。


ライスと一口丼を作りながら食べ進めます、ごはんと相性抜群ですね。

ガツガツと食べ進め、あっという間に完食です。


ごちそうさまでした!

個人的にはタレの味付けがしょっぱかったですね。
昆布酢とライスがあったので完食できました。

とはいえ、こういった未知の料理を食べるときはワクワクしますね!
これからも色んな料理にチャレンジしていきたいです。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

===================

関連ランキング:台湾まぜそば | 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅

その他オススメのラーメン店


今回ご紹介したお店以外にも、オススメのお店はまだまだあります。

下記検索ページにて記事を掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

◆オススメ ラーメン店はこちら