鳥一代 新橋店(新橋/きじ焼き丼 大盛り,温泉玉子/800円)☆☆







<メニュー>
①きじ焼き丼 大盛り
②鶏白湯スープ
③サラダ
④温泉玉子
お会計:800円

<感想>
   :特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

サラリーマンの聖地、新橋。
新橋といえば、飲み屋。
新橋の飲み屋といえば、焼き鳥屋です。

いわゆる「飲み屋ランチ」の中でも特にボリューミーと言われているお店について、今回はご紹介します。

ということで、「鳥一代 新橋店」のランチに行ってきました。


場所は、新橋駅烏森口から5分ほど歩いたところにあります。
時刻は13時頃でしたが、まだまだ店内は満員。

こういうディスプレイ、いいですね。


何を食べようか迷いながら順番を待ちます。

10分ほど待って、店内へ案内されました。

さて、メニューですが1番人気は「きじ丼(750円)」です。


ごはん大盛り無料なので、こちらの大盛りを頂きます。

注文してから15分ほど経ち、やってきました。
「きじ焼き丼」着ドンです。


<メニュー>
①きじ焼き丼 大盛り
②鶏白湯スープ
③サラダ
④温泉玉子
お会計:800円

では、いただきます!!


きじ焼き丼は、2種類の鶏が覆っています。
焼き鳥肉と、鳥そぼろ。
中央には温泉玉子。
そして丼ぶりの脇には柚子胡椒が添えられています。

ぜったい美味いやつや。


まずは焼き鳥肉。
炭火の香ばしい香りと、甘辛く味付けされ歯ごたえのある鶏肉。
噛むたびに旨味がじわっと広がります。

そぼろの味付けは薄味で、甘さ控えめ。
焼き鳥肉の味が濃い分、バランスがちょうどいいです。


ごはんの炊き上がりは水分少なめ。
鶏肉が淡泊なので、ふっくらとしたごはんの方が好みです。


スープは、鶏白湯。
濃厚な白湯スープで、鶏の旨味がギュっと詰まっています。
こってりな味わいに仕上がってますね。

半分ほど食べ進めて、温泉玉子を決壊させます。


このビジュアル、たまらんですね。


淡泊な鶏そぼろとまろやかな黄身が合います。

半分ほど食べ進めるとわかりますが、丼ぶりがけっこう深いです。


大盛りでもかなりの量がありますので、初めて注文される方はご注意を。

後半助かったのが、丼ぶりの端っこに添えられた柚子胡椒。
ピリリと爽やかな辛さで、味変にピッタリです。

丼ぶりとなると味の変化に乏しいので、こういった味変の工夫があるのは嬉しい。

ガツガツと食べ進め、完食です。


ごちそうさまでした!

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

===================

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅