ニューキャッスル(銀座/辛来飯 川崎/1,000円)★★☆







<辛来飯(川崎)>
①辛来飯(カレーライス、目玉焼き、福神漬け)
合計:1,000円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

我々は戦闘集団、サラリーマン。
時にはツライこと、落ち込むことだってあります。

そんな時、みなさんはどう自分を鼓舞していますか?
ランニング、カラオケ、思いっきり寝る。。
様々な方法がありますよね。

私は「美味しいものをお腹いっぱい食べる」ことが
元気になるベストな方法です。

その中でも、私自身、何度もお世話になっている
「ご馳走」を提供してくれるお店が銀座にあります。

ということで、本日は「ニューキャッスル」のランチに行ってきました。
場所は、銀座一丁目駅から2分ほど歩いたところにあります。

こちらのお店ですが歴史が長く、創業=昭和21年です。
戦後からカレー屋を開業されており、元は有楽町の近くにありました。
(新入社員時代、顧客訪問の合間によく食べに来ていました)

しかし、2011年の東日本大震災で移転を余儀なくされ、
閉店の噂も囁かれたのですが、こちらのお店にほれ込んだ常連客が
お店を引き継ぐこととなり、2013年に移転オープンしました。

本が一冊書けそうな、歴史の詰まったストーリーです。

さて、時刻は13時頃で、行列はありません。
メニューですが料理は1種類、「辛来飯(からいらいす)」のみです。

トッピングと、カレーライスの量から選べるのですが
その量は「駅名」で示されております。
※少なめ「品川」~大盛り「川崎」までの6段階
ちなみに「大盛り」=「小盛り」なので、初めての方はご注意を。

今回はこちらの大盛り、つまり「川崎」(1,000円)を頂きます。

店内ですが、今日の男性客率は70%ほど。
テーブルと、奥にカウンターがあります。

席について注文やりとり。
調味料は置かれていません。このままの味を楽しみ尽くしましょう。

3分ほど経ち、やってきました。
「辛来飯」着ドンです。

<辛来飯(川崎)>
①辛来飯(カレーライス、目玉焼き、福神漬け)
合計:1,000円


カレーの濃厚なルーがごはんを覆い、その上に半熟の目玉焼き、
真っ赤な福神漬けが盛りつけられています。
このビジュアル、美しくて惚れ惚れしますね。

では、いただきます!!

まずカレーですが、トロッとした濃厚な舌触りです。
始めにタマネギや果物のフルーティーな甘みを感じられ、
そのあとにポカポカとしたスパイスの辛みが追ってきます。

数種類の野菜、果物がよく煮込まれている甘味・旨味ももちろん、
豚骨スープをベースとし、また隠し味として生姜が使われているようで
ここでしか食べられない斬新、かつ奥深い味わいです。

ライスはやや固めであはありますが、水分もちゃんと含まれています。
そのままお茶碗に盛られても丁度いいくらいの炊き加減で、
ルーとライスのバランスが丁度よく家庭のカレーを思い出します。

キラキラとした半熟の目玉焼きが乗っていますが、
これを崩しながら

こうやって食べるのもまた最高です。

スパイスの辛みが黄身でまろやかになり、全体のコクが増します。
より濃厚になるので、ここで福神漬けをつまみながら食べ進めます。
最後まで美味しく、あっという間に完食してしまいました。

体の中からじんわりポカポカと温かく、食べ終わってから
爽やかな汗をかきました。
今日もまた、元気を頂きました。

ごちそうさまでした!!!!!
以下、まとめさせて頂きます。

【総括】
戦後より独自に進化を遂げた、辛来飯。
食べ終わると元気になれる、銀座の名物カレー。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

===================

関連ランキング:カレーライス | 銀座一丁目駅宝町駅東銀座駅
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です