花一(新橋/牛すじロースカツカレー大盛り/810円)☆







<牛すじロースカツカレー>
①牛すじロースカツカレー
合計:810円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

安い、うまい、ボリューミー。
なんと心地のいい字面でしょうか。
この3拍子が揃うお店というのは、なかなかありそうで無いものです。

だからこそ、そういったお店は噂になったり、グルメサイトで高評価となり
すぐ行列を作ってしまうんですよね。

本日はそんな三拍子そろった「花一」のランチに行ってきました。

場所は、新橋駅烏森口から10分ほど歩いたところにあります。
時刻は行列に並ぶことを考え11時30分頃には到着。

しかし、

すでに行列ができていました。

こちらは路地の裏にある、この辺りに詳しくなければ見付からないような
立地と店構えではあるのですが、さすが人気店ですね。

さて、メニューですが1番人気は「自家製ロースカツカレー(520円)」です。
しかし今回は「牛すじロースカツカレー(690円)」、
こちらの大盛り(+120円)を頂きます。

メニューを見て頂ければわかる通り、どれも新橋周辺では
かなり安い部類に入ります。

しかもライスは普通盛りで300グラムで、ルーは220グラムです。
大盛りにすると、ライスが450グラムで、ルーは350グラム。
カレーライスだけで800グラムあります。

これにロースカツと牛すじが加わるので、おそらく1キロ弱はありそうですね。
それで1,000円切るのはかなりのコスパです、あとは味が気になるところ。

行列に並んでから20分ほど経ち、席へ案内されます。
入口から入ってすぐ券売機がありますので食券を買いましょう。

店内ですが、今日の男性客率は100%。
サラリーマン、土方がひしめき合っています。
入口からすぐ右に2席のカウンターと、奥に7席のカウンターで狭め。

テーブルには、三種の神器がおかれています。
(左から福神漬け、辛みスパイス、ソース)
カレーに合わないはずのない神器が並びます。
辛さが調整できるスパイスが置いてあるのも素晴らしい。

3分ほど経ち、やってきました。
「牛すじロースカツカレー」着ドンです。

<牛すじロースカツカレー>
①牛すじロースカツカレー
合計:810円


見た目でわかる、そのボリューム。
ライスは文字通り山盛り、その上にロースカツが鎮座しています。

では、いただきます!!

まずはカレーを持ち上げます。
具材は溶け込んでおり、少しとろみがあります。

口に運ぶと、程々にスパイスも効いて、まろやかな仕上がり。
野菜の甘みが残っており、辛さとしては中辛くらいでしょうか。

もっと業務的な味を想像していましたが、どちらかというと
家庭的なカレーの味、そこに一手間加えたおいしさがあります。
何とも落ち着く味です。

ごはんは、固めにの炊きあがりで水分は少な目。
パラパラですが、少しボソボソとしています。

ロースカツは揚げたて、衣が薄めで豚肉の味をしっかりと感じます。
お肉は柔らかいので、スプーンで切れます。

牛スジ、これがうまいです。トロトロの触感と甘辛い味付け、
少しスパイスの効いたこのカレーとよく合います。

途中まで食べ進めたら、辛みスパイスを入れましょう。
これ自体にスパイスの香りはほぼなく、辛みだけを加えてくれます。

福神漬けは汁で浸されているせいもあり、柔らかめ。
シャキッとした食感であれば気分も変わるのでなおよいですね。

この価格、この味、そしてこのボリューム。
新橋界隈のランチスポットのコスパとしては上位に入ります。

ただ、ごはんの炊き加減もあるのか、ルー自体がごはんに比べると少なく感じます。
計算して食べ進めないと、ご飯が余り気味になってしまうので注意ください。

さて、ガツガツと食べ進め、あっという間に完食です。

ごちそうさまでした!!
以下、まとめさせて頂きます。

【総括】
安い、うまい、ボリューミーの三拍子そろったお店。
カツカレーの山を登頂せよ!

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

===================

関連ランキング:カレーライス | 新橋駅内幸町駅虎ノ門駅
















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です