【スタバ】なめらかな味わい!ナイトロコールドブリューコーヒーとは?







スターバックスコーヒーの一部店舗だけで提供されている「ナイトロコールドブリューコーヒー」。

コーヒーなのに黒ビールのような「なめらかな味わい」という新感覚が話題になっています。

私も実際飲んでみましたが、コーヒーの新たな世界が開けたようなインパクトある味わいです。

価格がちょっとお高く、また聞きなれないコーヒーということで二の足を踏んでいるあなた。
一度、試してみませんか?

今回は、ナイトロコールドブリューコーヒーの紹介、どの店舗で飲めるのか、実際に飲んだ感想についてまとめました。

※この記事の一部画像は公式HPより引用しております

1,ナイトロコールドブリューコーヒーとは


ナイトロコールドブリューコーヒーとは、スターバックスコーヒー(スタバ)が提供する限定コーヒーです。

もともと提供されていた「コールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)」に窒素ガスを加えたもので、まろやかな口あたりクリーミーな味わいが特徴です。

スタバいわく、「ベルベットのような、なめらかな味わい」。

まるで黒ビールのような新感覚を味わうことができます。

<価格>
◆スターバックス店舗
Short :480円
Tall :520

◆スターバックス リザーブ店舗
Tall :800円

提供している店舗の種類によって価格は異なります。

次に、どこの店舗で飲めるかについて解説していきます。



2,どこで飲める?


ナイトロコールドブリューコーヒーが飲めるのは「スターバックスリザーブバー(Starbucks Reserve Bar)」と呼ばれる限定店舗と、一部のスタバ店舗のみです。

スターバックスリザーブバーとは、スタバの中でも特別なコーヒーを提供している店舗のこと。

なんと世界でも数店舗しかなく、都内では19年1月現在、9店舗しかありません!

都内で飲めるのは、その9店舗と、一部スタバの18店舗だけです。

<都内のSBR9店舗>
東京ミッドタウン日比谷店
銀座 蔦屋書店
東京ミッドタウン店
初台1丁目店
池尻2丁目店
駒沢1丁目店
代沢5丁目店
奥沢2丁目店
玉川3丁目店
<都内の取扱い18店舗>
日本橋高島屋S.C.店
銀座松屋通り店
銀座EXITMELSA店
東京ミッドタウン店
青山ビルヂング店
ムスブ田町2階店
錦糸町オリナス店
目黒セントラルスクエア店
羽田空港第1ターミナル店
渋谷ストリーム店
渋谷マークシティ店
新宿サザンテラス店
桜新町店
TSUTAYA BOOK APARTMENT 新宿店
ビーンズ阿佐ヶ谷てくて店
吉祥寺パルコ店
トリエ京王調布店
ミーツ国分寺店

スターバックスリザーブバーの特徴は「ブラックエプロンバリスタ」というコーヒーに精通したスタッフのみで運営されていること。

年に一度の特殊な試験に合格した「スタバのエリート」がコーヒーを淹れてくれます。

近くに立ち寄った際は、普通のスタバとの違いを探してみるのも面白いかもしれませんね。

3,実際に飲んでみました


ということで、実際に「ナイトロコールドブリューコーヒー」を飲みに行きました。

注文すると、カウンター横にある専用サーバーでバリスタが淹れてくれます。


まるでビールサーバーでビールを注いでいるような感じ。
通常のアイスコーヒーとは違い、まろやかな味わいを作るために氷は入れません。


こちらが完成品。
専用のグラスに入れられ、上に乗っている泡からもコーヒーには見えませんね。


上から見ると、その泡のきめ細やかさがわかります。

バリスタさんから「最初はストローを使わず、そのまま飲んでください」といわれた通り、そのまま飲んでみます。

まろやかな口当たりと、マイルドかつ深みのあるコールドブリューコーヒーの旨味が楽しめます。
これはおいしい、そして新しい!


ビールのごとくグイっと飲んでしまいそうですが、ゆっくり時間をかけて味わいたいコーヒーですね。

その味わいはもちろんのこと、バリスタが1杯ずつ専用サーバーから淹れてくれる特別感を体験できる意味でも、一杯で2度楽しめるコーヒーだなと感じました。



4,まとめ

いかがだったでしょうか。

スターバックスユーザーはもちろん、コーヒー好きにな方にもオススメできるナイトロコールドブリューコーヒー。

新感覚の味わいと特別な体験を、ぜひ楽しんでみてくださいね。

以上、最後までお読みいただき有難うございました。