【幸楽苑】790円!中華そば,炒飯,餃子「中華そばミックスセット」のコスパが高かった







外回りサラリーマンの味方、外食チェーン。

いわゆる「ハズレ」がないので、外出先では重宝しますよね。

ただし、一定の安定した味が期待できる反面「安いけど味は普通でボリュームは微妙」なお店がほとんど。
満足度は高くないですよね。

そんな中、値段・味・ボリュームのバランスが整った、コスパの高いランチを見つけました。

それが「幸楽苑」さんの「中華そばミックスセット」!
中華そば、炒飯、餃子のセットで790

今回は「高コスパ」かつ「満足度の高い」幸楽苑の中華そばミックスセットについてご紹介します。

※この記事の一部画像は公式HPより引用しております

1,幸楽苑とは


幸楽苑は、390円の中華そばを主体とした外食チェーン。
黄色い看板が特徴的で、「昭和二十九年創業」の老舗です。

福島県で「味よし食堂」として開店、そこから「幸楽苑」に改名されました。

看板商品は390円の「中華そば」。
ラーメン・ギョーザを中心としたメニューを提供しています。

店舗規模は、東日本を中心に約520店を展開。
関西ではあまり見かけませんが、関東ではかなり多く出店していますね。



2,中華そばミックスセット

ということで、さっそく幸楽苑へ行ってきました。
今回は渋谷駅が最寄りの「幸楽苑 道玄坂店」へ。


入店し、さっそく「中華そばミックスセット(790円)」を注文します。

幸楽苑といえば、18年4月に「新幸楽苑」宣言をしたばかり。


看板メニューの「あっさり中華そば」と「ギョーザ」をリニューアルし、会社として黒字回復を果たしました。
そんな前情報にも期待が高まりますね。

注文してから5分ほどで、やってきました。
「中華そばミックスセット」着ドンです。


<食べた料理>
▼中華そばミックスセット
・極上中華そば
・餃子「極」3つ
・絶品半チャーハン
お会計:790円

では、いただきます!!

まずは、極上中華そばから。


スープは、鶏ガラ・豚骨が優しく香るあっさり味。
後味に野菜の甘みを感じます。

やはりチェーン店として幅広い世代に受け入れられるような味付け。


麺は、のどごしなめらかな多加水麺。
食感はモチモチしてしていながらも、ツルツルといただけます。
あっさり目のスープと相性がいいですね。


主な具は、メンマとチャーシュー。


薄いながらも大ぶりなチャーシューが4枚入っているのは嬉しいですね。


チャーシューはラーメンに巻いて食べるのが好きです。

単品であればこれで390円。
値段のことを考えると満足度は高めです。

続いて、餃子です。


こんがりとキツネ色に焼きあがったギョーザ。
セットは3個です。


具材にはキャベツがたっぷり使われていて、じゅわっと甘みが広がります。
餃子チェーン最大手の王将ほどではありませんが、想像していたよりは美味しいという印象。

最後に、絶品チャーハン。

全自動で調理しているチャーハンに期待はしていなかったのですが、これがけっこう美味しい。


どちらかというと、しっとり系チャーハン。
しかし、ちゃんとお米が一粒一粒ほぐれています。

味は薄味、正統派。
特徴はありませんが、正統派チャーハンとしての一定レベルは超えていました。

3つの味を楽しめる中華そばミックスセット。
ボリュームもあり満足できました。


ごちそうさまでした!



3,まとめ

いかがだったでしょうか。

「新幸楽苑」としてリスタートした幸楽苑。
たしかに以前より、サービスも味も向上しているように感じました。

790円で一定のクオリティとボリュームが担保されることを考えると、今回ご紹介した「中華そばミックスセット」はコスパが高いと言えます。

ランチ難民のあなたにぜひおすすめしたいチェーン店ランチです。

最後までお読みいただき、有難うございました。