日乃屋カレー(汐留,新橋/名物カツカレー 大盛り,生卵/930円)☆







<メニュー>
①名物カツカレー 大盛り
②生卵
お会計:930円

<感想>
星なし:特筆すべき点なし
☆  :おいしい
☆☆ :おいしくコスパも良い
☆☆☆:特においしくコスパも良い
★☆☆:遠回りしてでも食べたい
★★☆:何度でも通いたい
★★★:卓越した料理

庶民派から本格的まで、カレーを食べられるお店が意外と多い新橋。
ただ、いわゆる関西カレーのような「初め甘くて、後で辛い」カレーってなかなか無いんですよね。

以前まで「上等カレー」が新橋にもあったのですが閉店してしまい、一番近いところでも東京駅の「インディアンカレー」くらいしかありませんでした。

インデアンカレー 丸の内店(東京/インデアンカレー大盛り+玉子/850円)★☆☆

2018.01.26
ところが最近、関東チェーンとして成長してきている「 日乃屋カレー 」が汐留に開店したという情報を聞きつけました。

ということで、本日は「 日乃屋カレー カレッタ汐留店」のランチに行ってきました。


場所は、新橋駅から5分ほど歩いたところにあります。
「カレッタ汐留」というビルの1Fにあり、汐留駅からだと改札を出てすぐです。
看板には 神田カレーグランプリで優勝したことが大々的に書かれていますね。

時刻は13時半頃で、時間も遅かったのか店内に数名ほどの状況でした。

さて、メニューですが1番人気は「名物カツカレー(840円)」です。


ライスは大盛り無料!
今回はこちらの大盛りと、生卵(90円)を頂きます。

席に着き、食券を渡してできあがりを待ちます。
調味料は下記の種類です。


・福神漬け
・らっきょう
・辛味パウダー
・天かす

天かすとは変わってますね。

さて、5分ほど経ち、やってきました。
「名物カツカレー 大盛り,生卵」着ドンです。


<メニュー>
①名物カツカレー 大盛り
②生卵
お会計:930円

では、いただきます!

まずはカレールー。


フルーティーで、とろみがあるルー。
一口目は甘さが、そのあとに辛さが付いてくる、インデアンカレーを始めとした関西カレーよろしくな味わい。

ただ、表面的な甘さが勝っていて、辛さのインパクトが弱い。
黒コショウのアクセントはついていますが、いまいちピンとこないボヤけた味わいに感じました。

関西カレーの味を知らない人には新鮮な味わいでしょうが、知っている人からすると微妙かもしれません。
他店に比べて、コクやスパイスの深みは弱く感じました。

つづいてカツ。


衣と豚肉が同じくらいの厚さ。
ザクザク感はありますが、豚肉のジューシーさはなくパサりとしています。

ライスはふっくらとした炊き上がり。


トロミのあるルーもそうですが、家庭的な味わいですね。

生卵はなぜか端っこに寄せられているのですが、あえて真ん中へ移動させます。


そして、卵黄を一突き。


卵黄のまろやかさとカレーのコクが合わさり美味しくなりました。


やはり生卵は必須トッピングですね。

天かすはカレーにかけると食感がモサモサとしてよくないです。


辛さが足りない方は卓上スパイスを利用しましょう、


ごちそうさまでした。

関西カレーが恋しくなったときに、近場でサクっと食べる分には使い勝手がいいかもしれません。

それでは皆様、すてきなリーマンランチを!

===================

関連ランキング:カレーライス | 汐留駅新橋駅築地市場駅